ドッグトレーナーの資格を取る|知識を付けるなら学校に行こう

芝生

犬のしつけに携わる仕事

眼鏡とノート

ドッグトレーナーとは、家庭犬訓練士ともいい、ペットとして飼われている犬のしつけを飼い主に代わって行う仕事のことです。ドッグトレーナーとして働くには資格が必要ですが、通信講座など在宅で取得することができる資格なので、主婦などにも人気の資格です。資格を取得した後、ドッグトレーナーとして働くには開業するのが通常です。知名度がない中で顧客を獲得するのは困難なので、まずは知り合いの飼い犬のしつけを代行するなどして信頼を得て、徐々に口コミで顧客を増やしていくというように工夫すると顧客獲得がスムーズになります。他にも、チラシを配ったり、ホームページを作るといった方法があります。顧客を獲得するには、一つ一つの仕事を誠意をもってきちんと行うのが最善の方法です。

ドッグトレーナーの資格を得るためには、通信講座が一般的です。通信講座を選ぶときには、費用に見合った受講内容かどうか、受講期間はどれくらいか、開業のときのサポートがあるか、取得できる資格は何か、学習中のサポートはどうなっているかなどに注意して選びましょう。特に、盲点となりやすいのが開業のときのサポートです。真剣に働きたいと考えているならば、開業のときのサポートは重要です。起業の経験があるという人は多くないでしょう。そうした点についてサポートがあるかないかで、資格を生かせるかどうかが変わってきます。資格を取得した後のことまで考えて講座は選びましょう。また、実技がないのが不安という人には、実技のある講座もあるので考慮にいれるとよいでしょう。

Copyright© 2016 ドッグトレーナーの資格を取る|知識を付けるなら学校に行こう All Rights Reserved.